国が認めた健康法「昼寝」の最適時間とは

昼寝をすると、リフレッシュできて、健康増進や作業能率の改善に効果的です。

実際にやってみると、仕事もはかどるし、夕方以降の疲れ方がかなり違ってきます。

そしてその効果は、なんと国も認めています。

厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針2014に
「午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です。」と書いてあるんです。

昼寝の最適時間は、20分~30分です。
リフレッシュできて、集中力も向上し、健康になれます。

ただし、1時間以上昼寝すると、逆に健康によくないというデータがあるので、
「30分まで」ということを心がけてください。

労働環境が改善し、労働生産性も向上します。

簡単に言うと、昼寝をすると「もっと楽して稼げる」ようになり、幸せになれるんです。

職場にお勤めの方は、国が推進していることも根拠にして、広めてみましょう!