褒め方の最重要ポイント!結果ではなく過程をほめる

褒めるときの、一番重要なポイント。

それは、結果ではなくて「過程をほめる」ということです。

例えば、子どもがテストで100点を取ったとします。
×「100点とってすごいね」→○「毎日少しずつ勉強していてすごいと思ったわ。」

旦那のボーナスが増えたとします。
×「10万もボーナス増えてすごいじゃない」→○「あなたが真剣に毎日のお仕事をやっている姿って素敵だわ。」

このように、結果重視の場合でも、過程を褒めたほうが良いのです。

なぜでしょうか?

それは、結果は運や条件によっても変わるからです。

結果は、本人がやったことではなく、外的な環境に左右されますので、本人を褒めているわけではなくなります。

しかし、結果を出すには、「過程=姿勢」が絶対に必要です。

過程をほめることで、その人自身の人間性を認め、褒めていることになります。